来人 「タンタンメン(辛) 780円(税込)」

なんか昨日からやたらHatena Blogから「スターを獲得しました」みたいなメールが来るんですよね、スターってHatena Blogの「いいね」みたいなもんらしい。俺はYahoo Blogサービス終了に伴いHatenaに流れ着いた人間なのでHatenaの仕組みとかルールをあまりよく理解してない。そんな訳で普段はまったく気にしてない「アクセス解析」を覗いてみる、そしたら通常50アクセス/日なのが昨日は221アクセス/日になってる。う~ん、コレは俺の与り知らないところでナニカ起きてるようだ、無職で暇なのでいろいろ調べてみた結果、原因が判明。ソレがコレだ。

Hatena Blogのトップページ、編集部が選んだ「これまでのおすすめ」に掲載されてるし。「野外で料理するときに活躍する"メスティン"を自宅で使う」とキャプションまで添えていただきありがとうございます。こんな還暦無職初老男性の暇つぶしとボケ防止のBlogを選出していただけるなんて感激すると同時にHatena編集部の慧眼には敬服いたします。これからBlogを始める方(いるのか?)はAmebalivedoorなどミーハーなブログではなく確かな見る目を持つ質実剛健なHatena Blogをお勧めします。

1月某日、新型ハスラーで市内をドライブ。シルバーのお仕事で軽トラックのクルージングを行っているが、クルージングコースを外れると道がわからなくなるエリアが存在する。俺は基本的に方向音痴で地図が読めない人間なので、苦手なエリアを気ままにドライブし道路を憶えつつ暇をつぶす。なんかシルバーのお仕事を始めてからクルマの運転が好きになってるんですよね。前の初代エクストレイルは17年間で38,000kmしか運転してないが、いまの新型ハスラーは7か月で2,500km走ってるし。ドライブがてら最近お気に入りのバーミヤンでランチしようと思っていたが、あるラーメン屋の前を通りかかったら駐車場が空いてる。すかさず新型ハスラーを駐車場に滑り込ませ「来人」に入店。

迷わず券売機で「タンタンメン(辛) 780円」をポチっと購入、ここのタンタンメンは正統派の勝浦タンタンメンで美味しいんですよね。一般的なタンタンメンといえば白濁したゴマ風味のスープに挽肉が乗っかってるんだけど、勝浦タンタンメンは澄んだ魚介スープにみじん切りのタマネギと挽肉に大量のラー油が特徴。だけどお店のどこにも「勝浦タンタンメン」の表記はない。「勝浦タンタンメン」は地域団体商標として商標登録されているため勝浦地区以外で名称を使用するためには許可を得る必要があるらしい。なので「来人」では単に「タンタンメン(辛)」と言ってる訳ですね。

まずはみじん切りのタマネギと挽肉をたっぷり含んだスープを啜る、ラー油で真っ赤だがそこまで辛くなくグリコの「Lee x 10」が上限の俺でもちょうどいいピリ辛具合。コクのある醤油スープは魚介メインだが動物性の旨味も感じるのでWスープなんでしょう、あっさりしてるけど豚ひき肉の旨味とタマネギの甘さが溶け込み本当に美味しい。

硬めの麺は加水率低めでツルツルしておらず噛み応えがあり、小麦とかん水の風味を感じられる麺でとても好み。ラー油でフタされてるので最後まで熱々で食べ終わる頃には薄っすら汗ばんでる、寒い冬のみならず猛暑の夏にも食べたくなるピリ辛ラーメン。130km離れた勝浦に行かなくてもこんな美味しい勝浦流タンタンメンが喰えるなんて、全市民は感謝すべきですね。

おしまい

 

YOLER メッシュテーブル(YR-MT007)

いまは寒くてまだまだキャンプに逝けないが3月になったら出撃したい、2022年はなんだかんだタイミングが合わず1回しか逝けてないし。2023年は東北のキャンプ場にも逝きたいですねー、本当は山梨県の富士山周辺がベストなのだが首都高を抜けるのがメンドクサイ。早く外環道が中央道まで接続してくれればイイんだけど、例の陥没事故で何時になるかわからないし。そんな訳で妄想をめぐらし欲しいキャンプ道具を物色する毎日、道具は人並み以上に持ってるがより快適なキャンプ生活を送るためにはまだまだ必要なんですねー。

現在、キャンプのメインテーブルはTENT FACTORYのウッドライングランドテーブル(現在は絶版)を使っており非常に気に入ってるが、ちょっと手狭なんですよね。ソロキャンプでもストームクッカーで飯を炊き、汁物を作り刺身でランチしようとするともうテーブルはいっぱいに。さらに調味料や酒瓶を並べランタンを置こうものなら完全にキャパオーバー、コレだとちょっと寛げないですねー。なので料理以外を置いておけるセカンドテーブルが欲しい、ストームクッカーでの調理はセカンドで行い、できた料理だけをメインに並べゆったり食べたい。熱いクッカーやフライパンを気にせず置けるようスチール製のメッシュテーブルに的を絞りリサーチ開始。条件はメインテーブルと同じ高さ(26cm)で奥行もできる限り同じサイズ(42cm)が望ましい、揃ってるほうがスッキリ見えるしテーブル上に段差があると使いにくいしね。

総力をあげてリサーチした結果、セカンドテーブルはYOLERメッシュテーブル(YR-MT007)に決定、高さは同じで奥行も1cmしか違わないし。Amazonで4,520円(税込)と値段も手頃なので1月21日にポチっと購入。現在はとりあえずMy RoomのTV台の前に置いてるがいずれ新型ハスラーのラゲッジへ格納予定。テントやクッカー、バーナーは状況によりチョイスが変わることはあるが、テーブルにチェア、キャンプマットにシュラフは必ず同じモノを持っていくのでラゲッジに積みっぱが正解。

テーブルはゲットできたので他に欲しい道具はランタンスタンドにLEDランタン。いまはメインにIWATANIガスランタン、サブにUCOキャンドルランタンを使ってるがテーブルに置いてるので横からの光しかこない。この状態だと肉が焼けたかわからないんですよね、なので料理中や食べるときはヘッドライトを装着してるが煩わしい。ランタンスタンドにLEDランタンをセットすれば真上から照らせて写真もキレイに撮れるしね。食事が済んでハイボールや焼酎お湯割りでまったりする時はLEDを消してガスランタンと焚火の灯りでまったりするのが理想。

おしまい

 

シルメシ -シルバー仕事メシ- Part12

今日(1/25)は寒かったですねー、俺が住んでる埼玉某所も最低気温-3℃を記録。昨晩小雨が降ってたので朝は路面凍結してるだろうと思ったが地面は濡れておらずドライコンディション。それでは仕方ないのでシルバーお仕事に逝きましょうかね、仕事で使う軽トラックはノーマルタイヤなのでリスクは自分で判断しないといけない。シルバー事務局は冬になってもスタッドレスタイヤに交換するとか、タイヤチェーンを用意するとかしませんから。スリップ事故でケガしても労災にならないし自己責任、なので危ないと思ったら正々堂々と職務放棄。

寒くても暖房の効いた軽トラでクルージングするだけなので、まぁ~イイかと思ってたがシルバー携帯らくらくホンにSM(special mission)が3件も着信。さらに某所から某所へあるモノを移送する必要があり軽トラックへの積み下ろしが2回も発生、あー寒かった。でもクルージング中に見かける工事現場で終日交通整理をしてるシルバーの爺さんに比べれば、恵まれた環境(時給も高いし)なので文句は言えない。

本日のシルメシはマルちゃん「でかまる もやし味噌ラーメン」と「ツナマヨおにぎり」今月は5万円で次期主力ノートPCを購入したので、ランチ代は切り詰めないとね。おにぎりは南高梅がデフォルトなのだが、寒いので油分を補給しカロリーに変える必要があると判断しツナマヨ。たまに食べるとソコソコ美味しい。

前回(1/20)のシルメシは「カレーメシにBigポークフランクを添えて」この組み合わせはたまに無性に食べたくなる。カレーメシは旨いのだが肉感的なエモさが不足している、なのでBigポークフランクを挿入してあげれば物理的に肉感が増しヌルヌルのカレーを口に含みフランクを頬張れば「あぁ....っ はぁ~ん」と吐息が漏れる満足感が得られる。

おしまい

 

【メスティン】自宅キャンプ飯 Season27

2023冬季ドラマの第1話はとりあえず視聴、全体的には凡庸な作品が多いですかね。俺はラブストーリーには興味ないので「星降る夜に」「100万回言えばよかった」ははなから除外、「忍者に結婚は難しい」は初回を視聴し無理なので視聴断念。「Get Ready!」と「警視庁アウトサイダー」「女神の教室」はとりあえず視聴継続だが、途中で断念する可能性はある。「Get Ready!」は設定が嘘くさくストーリーもつまらないのに妻夫木聡仏頂面でやたら重厚感を醸してるのが草だし、「警視庁アウトサイダー」も西島秀俊のコメディーラインが痛い、「女神の教室」は主人公(北川景子)の優等生キャラが鼻につく。「大病院占拠」は初回のつかみはよかったが第2話でチープな特撮とリアリティーのなさが露呈してしまったがおそらく最後まで観るでしょう。「リバーサルオーケストラ」「罠の戦争」「三千円の使い方」は次回が待ち遠しいとまでは思わないがまぁまぁ面白い。そんな訳で2023冬季No1ドラマは「ブラッシュアップライフ」に決定、タイムリープものだがバカリズムさんの脚本が絶妙で毎回ごとに異なるニュアンスの面白さがありますね。言い忘れましたがNHK大河「どうする家康」は安定のクオリティーで安心して観てられます。

メスティンで炊いた飯にレンジでチンしたセブンの「焼きさば」をON、もらいもののちょっとイイ梅干しを添えてみる。醤油をチラッと垂らして喰えば焼さばの旨脂がジュワっと溢れだし白飯の甘さとパーフェクトなマリアージュ。ちょっとイイ梅干しは程よい塩味に上品は酸味、紫蘇の香りが立ち昇りコレだけで飯0.5合はイケる。

道の駅「しょうなん」で購入した「東京ラーメンしょうゆ味」をメスティンで茹で、いったんお湯を捨ててスープと熱湯を加え混ぜ合わせる。チャーシュー代わりのシャウエッセンに味玉、メンマを乗せたら白ネギを散らしてできあがり。

麺は油で揚げてない半生っぽい麺なのでかん水の風味があり即席めんとは一線を画す味わいで美味しいですね。一般のスーパーではあまり見かけないラーメンなので、見つけたら買いだめしとこう。

かき揚げなべ焼きうどん」に付属のスープを加え煮込み、途中でシャウエッセンを加え生たまごを落とす。たまごの白身がいい塩梅になったら火から降ろしネギを散らして七味をふりかけできあがり。かき揚げの油が溶け出しコクの増した醤油だしがたまごの黄身でよりマイルドになり、うどんが旨い。この場合、シャウエッセンは不要でしたね。

スーパーで「ナムル盛り合わせ 217円(税込)」を購入。メスティンで飯を炊きモヤシにほうれん草、ゼンマイに大根キムチをキレイに並べて添付の辛いソースをかける。不動のセンター卵黄を慎重に乗せたら糸トウガラシをトッピングして「ビビンパ」の完成。ぐちゃぐちゃにかき混ぜていただきます、程よい辛味にごま油の風味、野菜がシャキシャキでまぁまぁイケる。

スノピのアルミパーソナルクッカー(小)で飯を炊き蒸らしてる間に、テフロン加工されたNSメスティンでレトルト麻婆ソースと木綿豆腐を熱々に温める。ネギの小口切りをトッピングし山椒をふりかけできあがり。レトルト麻婆ソースは高いほど美味しいので税込300円くらいを目安にしましょう。

メスティンでオリーブオイルを熱し春菊を軽く炒め塩コショウしたら別皿に移す。メスティンに水200cc入れ沸騰させたら5分茹でパスタ100gをフタをして茹でる。時々ほぐしながら4分茹でラスト1分はフタをとり水分をパスタに吸わせるようグルグルかき混ぜ、底に水分が若干残るくらいで茹で上がり。素早くHOTEI「焼鳥缶しお味」とオリーブオイル、チューブのニンニク、鷹の爪を混ぜ合わせ、春菊を戻したら「焼鳥缶春菊パスタ」の完成。半生春菊の茎の香りと苦みが大人のパスタ、おいしい。

チヌークのフライパンで豚バラとタマネギを炒めたらすき焼きのタレでちょっと煮込む。タレが肉に絡んだらメスティンで炊いた飯に盛り付け、紅ショウガをたっぷりトッピングして「豚バラ丼」のできあがり。やっぱり紅ショウガはとても大事。

おしまい

 

イワタニカセットフー CB-JRC-PSD

岸田首相が今春にコロナを5類に移行すると明言。俺は2019年9月30日に35年務めた会社を早期退職し、バラ色の無職生活をスタートさせたのだが新型コロナのせいで思ったほど楽しめなかった。退職前から中国で新型の風邪が流行ってるらしいと話題にはなっていたがまだ他人事、2020年1月25日にクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗客の感染が判明し各国入港拒否になった時も「ふ~ん」てな感じだったし。状況が一変したのは2020年3月29日志村けんさん死去報道、全国民が新型コロナを「うわっ!マジでやばいやつ」と認識し3年間のコロナ禍に突入。失業手当をたんまりもらっても遊びに行けないし飲みにも行けない。緊急事態宣言自体は支持してたけど俺のバラ色の無職生活を返してくれ~って感じ、ソレがやっと制度上終息するならウェルカムですね。

人類にはコロナに感染しやすい個体と感染しにくい個体があるような気がする。俺はワクチンを5回射ち一般的な感染対策はしてたけど、そこまで厳密ではなかった。そもそも62年の人生でインフルエンザワクチンは未接種だが、インフルに感染したのは10年くらい前に1度だけ、それも37度くらいの発熱だけで食欲はあるし咳もあまりでなかったし。かかりつけ医には高血圧の処方箋をもらうため定期的に通っていたのでついでに検査したらインフル陽性だった。インフルに感染すると無条件で会社を1週間休めるのでラッキーっと小躍りし酒浸りの1週間を過ごした訳で。コロナに連続して感染する感染しやすい人が一定数いる反面、俺のようにワクチン副反応とは無縁でコロナやインフルに感染しにくい体質?の人もいるんでしょうね。

最近寒くなってきたが電気代節約のためエアコンは極力使わないようにしてる、せめてMy Roomで温かいものを食べようとほぼ未使用だったカセットコンロを引っ張り出す。2019年12月にamazonで購入したイワタニ「カセットフー CB-JRC-PSD」ハーフサイズのカセットガスがぴったりの小型コンロですね。無職になりキャンプにいっぱい逝こうとエクストレイル車内でもMy Roomでも使いやすい小型を購入、しかしコロナ禍で出番がないまま埋没していたグッズ。当時2千円ちょっとで購入したけどいま(2023/01/22現在)amazonでの販売価格は8,480円(税込)、こんなんでも販売終了すると希少価値がでるんですかね?

スノピのアルミパーソナルクッカー(大)で豚バラとマイタケ、油揚げを煮込みダシ醤油とミリンで調味。揖保乃糸3把を硬めに茹で水道水できっちり締めてリッドに盛り付ければ「マイタケ肉汁ソーメン」のできあがり。肉汁はカセットコンロで最後まで熱々、大好きな三つ葉は煮えすぎないよう別盛りとしシャキシャキの食感と香味を最大限引き出す。

ソーメンを熱々の肉汁に浸し啜りこめば豚バラとマイタケの旨味が染み出した熱々のつゆがとても美味しい、ソーメンの茹で加減もバッチリでシコシコと心地いい。シャキシャキの三つ葉の香りと豚バラの脂の甘味は熱々ならではの旨さですね。

youtu.be

チヌークのフライパンに豚バラ、エノキ、春菊、ネギ、糸こんにゃく、木綿豆腐を並べたら鈍器PBのすき焼きのタレをぶち込みグツグツ煮込む。春菊は生っぽいのが好みなのだがこの際クタクタでも許す。メスティンで飯を炊き、ベルモントのチタンロッキーカップに生卵を割り入れ準備完了。

宮城県の実家はすき焼きといえば豚肉だったので、豚バラにはなんの違和感もない。安い輸入牛肉より豚バラの甘い脂身のほうが逆に美味しいのでは?

おしまい

 

最近食べたモノ Season46

何も書くことがない時のやっつけ記事「最近食べたモノ」シリーズのSeason46がやってきました。書くことがないなら書かなきゃイイはずなんだが、このブログの使命は暇つぶしとボケ防止ですから。最近ネットで話題のCOBOL違ったCOLABOだが1か月くらい前から富裕層独身オタク一般男性のYouTubeを視聴してるけど、まぁ~フェミニスト界隈は酷いもんですね。なによりCOLABO側から名誉棄損で提訴された富裕層独身オタク一般男性が受けて立つため訴訟費用のカンパを募ったところ1週間ほどで5千万円のカンパが集まったらしい。それだけフェミニストは唾棄すべき存在としてネット民から嫌われてるんでしょう。COLABO代表の女性も東京都監査委員会から公金の不適切使用を指摘されてるにもかかわらず「キモい」を連発しファイティングポーズを崩してない訳で。サヨク人権派弁護団共産党立憲民主党、れいわ、社民党が後ろ盾になってるから強気なんですかね?まぁ~フェミニストだけじゃなく、通学途中の小学生に家畜の解体写真を見せるビーガンとか美術館の絵画にトマトスープをぶっかける自然環境保護団体とか被害者ポジションをとる異〇者だらけの界隈、ソレを支援するサヨク政党。普通の人は異〇者が怖いので腫れ物に触るよう接するのでますます原理主義に突き進み先鋭化し本来その界隈が錦の御旗とすべき多様性とは真逆の不寛容に陥る。普通の一般国民からは嫌われて当然でしょう。

まずは弁当シリーズ、最近My Roomで弁当を食べる機会が多いんですよね。鈍器で購入した「から揚げ弁当」に塩こん部長と辛子明太子をトッピング。ここ10年くらいのから揚げの進化ってスゴイですねー、以前は弁当や総菜売り場のから揚げなんて油ギトギトでネッチャリした食感が当たり前。ソレが表面はサクッと軽く鳥肉はジューシーで柔らかく醤油の香ばしさが食欲をそそるから揚げ弁当がワンコインですからね。

流山おおたかの森付近のスーパーの「ハンバーグ&クリームコロッケ弁当」目玉焼きトッピングが購入の決め手だった。ニンジンゴロゴロカレーは昨晩の残りを温めて。お子様ランチ的で楽しいし美味しい。

道の駅「しょうなん」で購入した「極上鮭のり弁当」税込みで800円以上。鮭は身が厚く脂ノリノリで海苔は表面と飯の間の二段重ね、う~んコレは確かに極上だ。切り干し大根の煮物も歯応えを残したあっさり味で箸休めにちょうどイイ。

ららぽーとのイトーヨーカ堂で購入した「かつ丼」かつやの「かつ丼(梅)」より100円位高いがその価値はあるのか。煮込まれたかつはしっとり柔らかくダシの味もイイ塩梅でとても好み。買い物の途中でランチを調達できるタイムパフォーマンスを考慮すれば全然アリですね。

バーミヤンの「五目麺 824円(税込)」麺大盛(無料)、五目餡はオイスターソースの旨味が際立ち具沢山、ソレが優しいラーメンスープと溶け合うとちょうどイイ。五目餡、スープ、麺のバランスが素晴らしい。後楽園や日高屋など所謂ラーメン屋とは一線を画す中華料理店のプライドを感じる一杯ですねー。

ラーメンばんだいの「中華そば」たしか税込み700円くらい。ここは味噌ラーメンの評判がイイのだが、なんかいつも中華そばを頼んでしまう。どんぶりも含めたビジュアルが好きなんでしょう、いつもどおりトラディショナルな味わいでヨカッタです。ただナルトの厚さが2mm位でペラッペラ、原材料高騰に対する企業努力の現われか。卓上の胡椒がブラックペッパーなのが惜しい、GABANのホワイトペッパーとは言わないがS&Bテーブルコショーにして欲しい。

シルバーお仕事のクルージングコースにある味噌ラーメン屋でメンバーY氏にお勧めされたので逝ってみた。味噌の匠「匠ホルモン味噌らぁめん  980円(税込)」モツの臭みを凌駕するニンニクの匂いが凄まじい、ほうれん草とモヤシに煎りごまもたっぷり。味噌スープは濃厚でモツも柔らかくて美味しいです。味噌ラーメンを食べたい時って他に代替するものがないので、とりあえず山岡家かココに逝くことにする。

1月15日まで焼き餃子がクーポン利用で半額との情報をゲットしバーミヤンへ。「バーミヤンラーメン 604円(税込)」「焼き餃子 142円(税込/半額)」「ごはん 219円(税込)」う~ん、普通盛りのごはんが200円超はちょっと高いかも。でも餃子が半額なのでまぁイイか。ベーシックなバーミヤンラーメンも美味しいですね。

美味しいそばが食べたくなったので近所のはま寿司へ、そばは締めにとっといてちょっと寿司でもつまみますか。期間限定「広島産牡蠣握り 121円(税込)」写真は2皿を1皿にまとめたので242円(税込)になる。この牡蠣が想定外にデカい、コレはかなりお得かも。クリーミーで旨味があり美味しいが牡蠣特有の香りがちょっと弱い、でもこの値段なら全然ありですね。

あじ」を挟んで我が故郷「宮城県大切り金華〆寒さば 165円(税込)」身が厚くて脂の乗りも申し分なし、流石は金華山沖で獲れたさばだけのことはある。

満を持して「鴨そば 308円(税込)」でフィニッシュ、鴨のキラキラした脂が浮いたダシを啜ればギリっと濃い目の醤油の味わいと鴨の風味に微かなゆずの香り。そばはモソモソして歯にくっつく系、のど越しよりそばの味わいと風味に寄せており好ましい、鴨肉も柔らかくて美味しいです。この鴨そばが308円でいつでも食えるのは望外の僥倖と言っていいでしょう。

おしまい

 

シルメシ -シルバー仕事メシ- Part11

1/17(火)シルバーお仕事のバディーはM氏、歳は俺より1こ年上で早稲田大学卒業後大手ロジスティック企業で輸出入を担当し海外駐在経験もあるらしい。当然優秀なのだが反骨精神が旺盛でシルバー人材センターの運営について事務局と衝突することが度々ある。もう10年早く生まれてたらヘルメットとゲバ棒でご活動されていたんでしょうね。シルバーのお仕事は請負・委任なので市役所某課に指揮命令権はなく、労災も適用されないため業務内容が危険と感じた場合は自分の判断で就労拒否するしかないが、シルバー事務局は市役所側に忖度しシルバーメンバーを守る気概はないように思える。なのでM氏と共闘できるところは俺も戦うつもりだけどね。

午前中は月に1度のルーティン作業を行い、休憩場所の駐車場でCAMEL MENTHOL COLDを燻らしてたらシルバー携帯らくらくホンに指令が。スペシャルミッションの内容と場所を確認したら、本日のクルージングコースとマッピングし最適なルートをアナライズしミッションコンプリート、AM11:50に事務所に戻る。

本日のシルメシはチルドの「Wスープの旨味醤油ラーメン 432円(税込)」と「紀州南高梅」のおにぎり。この醤油ラーメンはあっさりしてるけどコクがあり美味しいですね、気に入りました。

シルメシが済んだらスペシャルミッションの成果物を撮影したデジタル画像をフォーマットに貼り付け、事務局提出用のUSBメモリにコピー。午後も1件SM(special mission)を遂行し本日のお仕事は終了。

ちなみに前回のシルメシは「肉野菜炒め弁当 462円(税込)」に「長ねぎのカップみそ汁」う~ん、ちょっと肉のボリュームが不足しており物足りない。

おしまい