小西屋 もりそば 450円(税込)

アレから10年経つんですね。いまだに行方不明の方が2,000人以上おり、福島第一原発廃炉は未来の技術開発待ちと何も進展してないし、ただトリチウム含有の処理水だけが毎日増えていくだけ。未曾有の大震災から10年後はコロナ禍という国難に直面し、さらに10年後は温暖化によりマラリアなど熱帯性疾病の蔓延、さらに10年後は少子高齢化による地方都市の財政破綻とスラム化。さらに10年後は年金制度と生活保護制度が財政難で縮小されホームレスの老人が街に溢れる..........。

f:id:cd9_fsc:20210311212033j:plain

鈍器の鮮魚売り場で生のカジキマグロ切身を買っておいた。カジキって魚特有の生臭さが少なく骨もないのでとても食べやすいし、味は淡泊でどんな調理方法でもなんとかなるしイケテル魚。メスティンで飯を炊き蒸らしてる間にチヌークのフライパンにバターを溶かし両面をコンガリ焼き、ミリンを絡め最後に醤油を鍋肌から垂らしちょっと焦がして飯に乗せれば「カジキ醤油バター丼」の完成。甘めの味付けを狙いミリンを入れたがもっと甘くてもよかったかも、次は煮つけで食べたい。

f:id:cd9_fsc:20210311215104j:plain
f:id:cd9_fsc:20210311215050j:plain

しばしゲームで遊んでから愛車Trek FXS4でポタリングに出かける、ポカポカ暖かいし風も弱いので気持ちがイイ。江戸川河川敷でボォ~としてから流山の赤城神社近藤勇陣屋跡キッコーマン工場周辺をブラブラしてたらランチの時間になったがさてどうするか?久しぶりに山に登るか。

f:id:cd9_fsc:20210311221638j:plain

PM2:00小西屋に入店、先客4名後客1名。一時期に比べたらかなり空いてきたけど全員もりそば喰ってるし。ココのもりそばを俺は「流山の独立峰」と呼び霊峰富士同様に崇め奉っている、還暦になりさすがに大盛りは遭難の可能性があるので普通盛り「もりそば 450円(税込)」を所望。まぁ~普通でこの標高ですから、100円アップの大盛りはこの倍はあるので確実に8合目で動けなくなる。そばの風味は弱めだが歯触りが良くのど越しも抜群、徳利に入ったつゆもたっぷりでそばをビシャビシャ浸して啜り込む。粉ワサビがツーンと鼻に抜け、そばの香りとカツオ出汁の旨みが追いかけてくる。イイ頃合いで提供される一人前の蕎麦湯も熱々でうれしい。

おしまい