日本酒のアテは茶碗蒸しに決まっている

イメージ 1

本日(1/14)のランチは近所の「はま寿司」で、PM2:15に入店しカウンターに席を確保しまずは「月桂冠 380円(税抜)」と「茶碗蒸し 180円(税抜)」「まぐろの大葉はさみ揚げ 160円(税抜)」をオーダー。

イメージ 2

あのね、日本酒のアテに茶碗蒸しってすごっくイイですよね。カツオ出汁と干しシイタケの旨みに甘いタマゴはトロトロで口中ですぐになくなるが、その残滓を楽しむように日本酒を含む。出汁の旨みと卵液の甘さに日本酒のコクが加わり味蕾が歓喜に振るえる訳ですね。う~ん、これはベストですね、日本酒には茶碗蒸しが最強と再認識した。でもね、この組み合わせができる店ってあまり無いですよね。日本料理店に逝けば可能だろうが、カジュアルな値段ではないですよね。その点、回転寿司の茶碗蒸しはリーズナブルだけどハズレはほぼ無い。まさに回転寿司で味わうべきは日本酒のアテとしての茶碗蒸しでしょうね。

イメージ 3

「甘エビの唐揚げ 160円(税抜)」も追加。カリサクで芳ばしく美味しい、このレベルのツマミが100円台ってスゴイことですよね。その辺の凡庸な飲み屋に行く位なら回転寿司で飲んだ方が幸せになれますね。「月桂冠 380円(税抜)」を追加オーダー。

イメージ 4

俺の定番「ひかりモノ3種 150円(税抜)」ASI(アジ、サバ、イワシ)は安定の美味しさですね、大好きです。

イメージ 5

「貝三種盛り 150円(税抜)」TNH(つぶ貝、ニシ貝、ホッキ貝)はワサビをたっぷりトッピング。う~ん貝は歯応え良く美味しい、大好きです。

イメージ 6

「カキフライ軍艦タルタルソース 150円(税抜)」パン粉はサクサクで中はトロリと滋味に溢れ、タルタルとレモンが爽やかさを連れてくる。まさに回転寿司でしか食べられない逸品ですね、大好きです。

イメージ 7

〆は「アサリ味噌汁 150円(税抜)」アサリは10粒入っており全てに身が詰まっている。家庭で食べるアサリの味噌汁は30%くらい空に当たるが、この辺も気を配っているんですね。う~ん素晴らしい、出汁もよく効いており味噌の塩梅もGood!回転寿司はアメージング。その企業努力は称賛に価すると思う。

イメージ 8

イメージ 9

帰る途中にあるアウトドアショップ「iLbf」に立ち寄る。このショップは先鋭化した品ぞろえでコアなマニアを取り込み、メディアに取り上げられ、全国から好事家が集まる名店になりましたね。基本高額商品がメインなので、俺はあまり貢献できていないが、本日はお安いアクセをちょっとだけ購入しました。

イメージ 10

イメージ 11

ペトロマックスの「ファイヤーキット 300円(税抜)」俺はあまり焚き火はしないので普段は使用しないが、イザと言うときにあると心強いですよね。会社を辞めて退職金が入ったら「iLbf」でヒルバーグのテントを買ってみたい。

おしまい