2013年HMNや従業員慰安旅行 (その2)

その1はこちら

イメージ 10

















12月15日(日)はAM5:30に目覚めた。
昨晩はバイキングのズワイガニ食べ放題にてTKNB氏の、まるでメロディーを奏でるように優雅で洗練された無駄のないカニ身肉摂取テクニックを堪能。個人的には豚汁が美味しくて、豚汁を肴に角ハイボールをグビグビ。宿泊部屋での2次会は30分で撃沈、やはり停滞疲れが溜まっていたようだ。

イメージ 1
イメージ 2









起床後まずは朝風呂に浸かり、朝ビールを2本たて続けに飲る。ふっと眼下の鬼怒川に目を落とせば葉を落とした川辺の梢(こずえ)に純白の雪が降り積もり、枝葉末節に至るまで白く輝いている。

イメージ 3

















一頻り写真を撮った後、AM7:30から朝食を摂るためバイキング会場に向かう。本日のMy Selectは甘い卵焼き、塩しゃけ2切れ、スパゲティーミートソース、ボイルドソーセージ3本、カリカリ梅、胡瓜とキャベツの浅漬け、サラダ、シラスおろし、温泉卵にご飯とみそ汁。食後にドリップコーヒーをブラックで。このホテルは味付けは濃い目だが、ほぼ全メニューが美味しい、朝から満足しました。

イメージ 4

















AM9:30の開園と同時に「東武ワールドスクエア」に到着。ご存知のとおり世界各国の名所をミニチュアで再現したテーマパークであり中年オヤジが楽しめるのか半信半疑であったが、結構楽しめました。本当に精巧で良くできています。

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7







ジオラマジオラマモードで撮るとどうなるか?永年やってみたかった事もできました。その結果は上の写真のとおりです、各自で判断してください。

イメージ 11

















最後のイベントは森田屋北茂呂店にて佐野ラーメンを賞味。佐野ラーメン初体験です。森田屋北茂呂店のメニューは非常にシンプルで「青竹手打ラーメン 600円」「チャーシューメン 800円」「餃子3個 240円」のみ。厳選されたメニューに自信の程がうかがえるようだ、全員チャーシューメンをオーダー。

イメージ 12
イメージ 13









スープは鶏ガラと節系の合わせだしと思われ、それぞれが主張しすぎずカエシの醤油との調和がとれた優しい味わいで美味しい。チャーシューも肉と脂身のバランスが良くパサつかずしっとりした満足できるテイスト。最後に佐野ラーメンを佐野ラーメンたらしめる平打麺だが、歯応えはなくワンタンのように柔らかい小麦の風味はあまり感じられない独特の麺ですね。個人的には小麦の風味が活きたプツリと歯で噛み切る感触の麺が好みだが、ご当地の人気店で味わうシチュエーションに満足しました。お薦めです。

ほぼ予定どおりPM2:30に帰着。皆さんお疲れさまでした、いろいろありましたが事故無く全員無事に戻ってこれたので「2013年HMNや従業員慰安旅行」は大成功です。PM5:00から反省会がありますので皆さん、必ず参加してくださいね。

イメージ 8
イメージ 9









SKT氏が早速編集してきた旅行のDVDビデオをプロジェクターで鑑賞しながら「紫の赤兎馬」をロックで飲る。しかし皆さんタフですね、反省会と言う名の飲み会は延々と続くのであった。あ~明日は会社に行きたくない、好きな事だけしていたい。

おしまい