2013年10月13日大人の工場見学反省会

イメージ 1















10月13日(日)は群馬県赤城山キャンプ場から午前中に帰宅、3連休の中日なので午後になるとららぽーとコストコ、イケアの渋滞に巻き込まれる。帰宅後はシュラフを干したりクーラーボックスを洗ったり大切な道具のメンテンスをして過す。昼食後、ビリオンリオネルでポタリングに出かける。特に行き先は決めず、ブラブラと秋晴れの気持ち良い天気を堪能する。ふと畑が広がる耕作地の農道脇で怪しげな集団を発見。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4







畑に設置されているので普通ならカカシ的なものであろうが、場所が畑の中ではなく道路際に通行人を見据えるように置かれている。これはカカシではなくオブジェだ。4体の異形の者たちが絶妙なバランスを構成しており、さらにひとつ一つの表情が素人技とは思えない完成度。シャレコウベは風の強弱により微妙にユラユラし、虚空を見つめる眼差しは絶望と虚無を映し出しているようだ。このオブジェの作成者のセンスは素晴らしい、こんな田舎町の人通りが多いとは言えない農道に敢えて作り出されたパラレルワールドに思わずシャッターを切った。

このタイミングで携帯に着信があった。HMNやのSKT氏からで、いま工場見学が終了したので、反省会を開催するためいつもの集会室を予約するよう指示が入る。本日、HMNやメンバーは第3回大人の工場見学で麒麟ビール取手工場に行っているのだ。当初、私も参加予定であったが、WKSG氏再会キャンプと日程がバッティングしてしまい、参加できなくなっていたのだ。自宅に戻り集会室を予約しビール風味アルコール飲料を飲みながらWKSG氏再会キャンプの記事をブログに書き始める。午後5時となったのでブログを一時保存し集会室に向かう。

イメージ 5















皆さん、工場で上手なビールの注ぎ方を学んできたようで完璧な泡を披露してくれました。上唇で泡をすくい上げその下から良く冷えた芳醇な液体を喉に送り込み、泡の口髭を生やすのがお約束のようだ。

イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8







本日のビール工場見学を始め、利根運河BBQ吉川生ラムジンギスカンツアーの動画をSKT氏が早速DVDに編集してきており、ビデオプロジェクターで鑑賞しながらハイボールとワインを飲む。皆んなでゲラゲラ笑いながら飲む酒は大層に美味で人生の幸せを感じる。

おしまい